聞く技術005



先週末に「見にけ!食べにけ!湯にけ!秋田けけけ祭り」っていう秋田県の観光キャンペーンが有楽町であるっていうんで行ってきた。会場でお猪口購入して秋田県内70銘柄の純米酒を試飲できる+秋田タパスっていう何とも惹かれるコーナー目指して、さて着いたところが、ほぼ全部売り切れ。なんだよ〜、がっかり。訊くと、午前11時開場だったのだが、正午までに売り切れたって。3日間のイベントの最終日だったからしょうがないのかもしれないが、たまには昼からお酒でも飲んでいい気分になってやるかと目論んでいただけにズッコケた。気分直しに銀座ライオンの7丁目本店に。初めて入ったのだが、日本最古のビアホール(創業昭和9年)っていう、なんとまあ趣のある店内であることよ。正面のタイルのモザイク画が凝っていて、しかしよく見ると大分シュールだ。半裸の女の人たちが小麦を摘んでいて、背景には工場の煙突。うーむ、モダンというのはどこか奇形的な要素があるのではないか?などと昼酒のぼんやりしたアタマで考えました。

ーーー

聞くぞ〜!と張り切って人の話に耳を傾けると、どうやら意味をすっとばして音声とか音質みたいのに気が行くように思う。しかもそれって気持ちいいのだ。相手の腹のあたりから息が出てくるのだが、最後の方でその空気が具体的な音に変換されて出てくる。ガリガリガリ、ジャージャージャー、たいてい何か震えのようなノイズみたいな成分が混じっていて、というか意味を超えて、それがその音声の本質のような気がしてまう。そんで、それが、嗚呼、心地よいなあ、と思ってしまうのです。かといって、話の内容が理解できないわけではなくて、そっちはそっちで別の場所(脳の別の場所なのかいな?)で処理しているようなので、特に問題は無い。不思議な感覚なのだが、それを楽しんでいる。聞くのが面倒くさいとか億劫とかいう気持ちが消えて、なかなか良い。
そういえば音楽を聞く時は、もともと意味なんか求めていない。求めているのは、うわー!いいなあ、とか、かっこいいなあ、みたいの。歌詞は意味、というより音声込みでのセンスだろう。センスなんてねえ、好き嫌いだから、どう言い様もないけど。
人の話にしても、音楽にしても、2分とか3分とかの音声の一塊りが醸し出すもの、もっともらしくてもなんだか嘘くさいなあ、とか、たどたどしいけど、こいつは聞き捨てならない(とは言わないね)とか。そういうのは聞けば聞くほど、わかる。気がする。
僕の命の恩人(おおげさだけどだいたいあっている)の鍼灸の先生は、治療の時にずーーーっと喋りっぱなしなのだけど、それは何故かとある日尋ねたら、返ってくる声の調子で、体の変化がわかるらしい。主に息が浅いとか深いとかみたいだ。息ね〜、慌てたり、困るとウワズルからなあ。息を聞く、ということも、十分に「聞く」ことなのだな。
そういえば、ダニエル・クオンの新譜は、さっぱりわからない。いわゆる「曲」みたいのは数曲しかない。鳥の鳴き声や、線香花火の音や、小学校の給食の校内アナウンスや足音やため息やその他いろいろの音が散りばめられて、でも全体で何かとんでもない新しい塊りになっている。いったいこれはなんなんだろう?という初めてロック(ロキシー・ミュージック)のレコードを聞いた時と同じ感触だ。わからない、というのは、自分の中にそれが記号化されない、みたいなことなのだろう。いいなあ、と思うのだから、自分の中に似たコードはあるのだろう。それにしても聞けば聞くほど更にいろいろ聞こえてくるという不思議。このCDの公式WEB(らしきもの)には、「耳で聴く映画」、「少量」ずつ聴くことを勧める、とあります。僕は気に入って、毎日「全量」聞いてしまっているけど。

ーーー

さて10月です。
そのダニエル・クオンのライブを「秋田ばる七尾」で10/14(月祭)に開催します。去年暮れに続き2回目。本棚的なスペースに演奏者たるダニエル・クオンが正対し、すなわちお客さんには背を向け、礼拝的なスタイルで行う、というようなことを冗談なのか本当なのかわかりませんが言っています。18時開場、19時開演、770円+1ドリンクです。予約制(090−6718−0785、18時〜)となっています。是非、お勧めです。
「いものこフェアー」も開催中!いものこというのは里芋の秋田県の方言ですが、特に横手市山内村産のものは、キメが細かくモチモチした食感であります。今が旬!なのです。定番のいものこ汁(醤油味、味噌味)の他、韓国チゲ仕立て、味噌チーズグラタン、茶碗蒸しのバリエーションでご用意しています。
そして、開店1周年です。なんとかフラフラしながらも地面に激突しないで航行続けています。全くもって支えていただいいているお客様のお陰です。本当にありがとうございます!
開店日の10/15から先着100名様に「秋田限定 あきたこまち使用のオランダせんべい」をプレゼントいたします。先着1000名様でなくて先着10000名様でなくてすみませんが、何卒よろしくお願いします。

すっかり日が短くなったなあ、

せば、まんづ。




コメント
コメントする








   

プロフィール


七尾太佳史
(ななおたかし)

「秋田ばる七尾」店主。毎週水曜日更新です。


リンク

バックナンバー

過去の記事

カテゴリー

コメント

others